顧問弁護士とは

最近、会社経営者の間で浸透しつつあるのが”顧問弁護士を依頼する”ことです。
顧問弁護士とは、その会社専門にさまざまな法務関連の事案を解決する役割を果たす存在で、医師にたとえていうならば”主治医”といったところでしょうか。
一旦顧問弁護士として契約すると、その弁護士は継続的に会社のあらゆる問題について相談をうけ、より良い会社づくりのためのシステム構築やトラブル解決に対する的確なアドバイスをすることが求められます。

会社の経営者にとって、顧問弁護士を据えることにはどんなメリットがあるのでしょうか。
会社がなんらかのトラブルに巻き込まれるたびに、幾度も弁護士を探し出すというのは大変な手間ですし、迅速な対応が求められる際には大きな時間のロスとなります。
そこに顧問弁護士がいれば、いつでもすぐにメールや電話にて相談することが可能で、それがどんな些細な事案でも話を聞いてもらえるという点は大きなメリットです。

また、問題解決のたびに弁護士を依頼するよりも、継続的に関わる顧問弁護士のほうが会社の業務内容などをすっかり把握しているため、会社の実態に沿ったかたちであらゆる法律問題を解決に導いてくれるのです。

何よりも迅速な対応が可能であり、経営者が一から法律を学んでといった足踏みをすることもなく、すべてを顧問弁護士に委ねて経営に専念できるのは、最大の安心感と信頼感といえるでしょう。

顧問弁護士は実際に問題が起きた時だけでなく、トラブルを未然に防ぐような社内体制の構築をサポートしたり、逐一相談を受けています。
法律に基づいて会社をトラブルから防御するために、顧問弁護士が果たす役割はとても大きいといっても良いでしょう。


■注目サイト
顧問弁護士を雇う費用などを気にしている方に参考になるサイトです → 顧問弁護士 費用

Copyright © 2014 良い顧問弁護士の選び方 All Rights Reserved.